長崎県⑦ 長崎市①〜原爆の歴史〜

前回のあらすじ

壱岐、対馬、五島列島と離島を巡ったリンとモグ。離島ならではの歴史や文化を学ぶ事ができて結構楽しかったとご満悦の様子。モグに至っては最後の最後に肉にありつけるというハラハラ感も味わえて忘れられない旅であった。さて、ようやく長崎本土に帰って来た2匹のネコ。長崎市①、スタートです!

長崎市〜原爆の歴史〜

ようやく長崎本土に戻ってきたわね!今回は長崎市を観光するわよ!見所満載だから数回に分けて紹介するわね。
長崎市は古くから、外国への玄関口として発展してきた港湾都市で、江戸時代には国内唯一の貿易港の出島があり、ヨーロッパから多くの文化が入ってきたの。
そして、長崎市といえば避けて通れない歴史があるわね。広島市に次ぐ世界史上2番目で、最後の被爆都市として知られているのよ。

1945年8月9日午前11時02分

1945年8月9日午前11時02分、第二次世界対戦でアメリカ軍は長崎市に原子爆弾を投下したのよ。
当時の長崎市の人口が約24万人で、うち、約7万4千にが死亡(原爆志望者名簿の人数は2009年8月9日現在で14万9260人)し、建物は約36%が全焼、全半壊したのよ。

f:id:hanautakoujisp:20180706234647j:plain

たった一発の爆弾が、信じられないくらい多くの人々の命と生活を奪っていったんだね。

キノコ雲

まずはこの写真を見て。これが核爆発によって生じたキノコ雲よ。

f:id:hanautakoujisp:20180706234158j:plain
wikipedia 参照

うわー、この世のものとは思えない異様な雲だな。写真だけで原爆のおぞましさが伝わってくるようだよ。

本当におぞましい形状をしてるわね。
少なくとも14000メートルに達したと言われるこの長崎市のキノコ雲は約100キロ離れた熊本県熊本市や、約200キロ離れた大分県中津市からでも確認できたそうよ。

すごく遠くからでも見えたんだね。凄まじい爆発だったってことだね。

長崎原爆資料館

f:id:hanautakoujisp:20180706235000g:plain
http://nagasakipeace.jp/japanese/abm.html

長崎市への原子爆弾投下に関する資料を取り扱った長崎市立の資料館よ。被爆の惨状をはじめ、原爆を投下するに至った経過など原爆に関わる様々なものを展示してあるの。原爆の事をもっと詳しく知りたいならここね

平和記念公園

平和記念公園は悲惨な戦争を二度と繰り返さないという誓いと 、世界平和への願いを込めてつくられた公園よ。

平和記念像

f:id:hanautakoujisp:20180706233502j:plain

平和記念像は長崎市民の平和への願いを象徴する高さ9.7メートル、重さ30トンの青銅製の像よ。天を指した右手は”原爆の脅威”を、水平に伸ばした左手は”平和”を、軽く閉じた瞼は”原爆被害者の冥福を祈る”という想いを込めて造られたそうよ。

平和の泉

f:id:hanautakoujisp:20180706233531j:plain

原爆のため体内まで焼けただれた被爆者は「水を、水を」とうめきながら死んでいったの。その痛ましい霊に水を捧げて、冥福を祈り、世界恒久平和と核兵器廃絶の願いを込めて建設された円形の泉が平和の泉なのよ。
平和記念公園の項目はhttps://www.at-nagasaki.jp/spot/130/参照

戦争ってすごく悲惨だね。幼い子供達まで犠牲になってるんだよな。これからもこの平和公園にあるように、悲惨な戦争を二度と繰り返さないという誓いを守り続けてほしいね。

そうね。終戦から復興を遂げた長崎市。たくさんの観光名所があるから楽しみましょう!

もちろんグルメコーナーを忘れずにね!

はいはい。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です