佐賀県① 吉野ヶ里遺跡とムツゴロウ

前回のあらすじ

リンの日本一周の旅(妄想)をしようという、強引な誘いにシブシブ付き合うモグ。スタートは佐賀県。まずは九州一周を制覇だ!

吉野ヶ里遺跡 からの ムツゴロウ

日本全国の旅、記念すべき一つ目の県は佐賀県よ!!

ねえリンちゃん、なんで佐賀県からスタートなんだい?

f:id:hanautakoujisp:20180606100833j:plain

これは九州の地図ね。スタート地点が佐賀県なんだけど、九州のすべての県を周って本州に向かうにはこの地図の赤いラインのように進んだ方が都合がいいのよ。まずは佐賀をスタートして、そのあと長崎県。そして熊本県、鹿児島県、沖縄県、宮崎県、大分県、福岡県の順番で行く予定よ!

ふえー、なるほどね。ちゃんと考えてあるんだなあー。さすがリンちゃん、計算高い女だぜ。

ねえモグ、悪気がないのは分かるんだけど、言葉の使い方をもうちょっと考えた方がいいわよ・・・

??

まあいいわ。ではさっそく佐賀県よ。まずは佐賀県の簡単な情報ね。

面積は2,440.68K㎡、人口は2018年4月1日の時点で818,865人よ。面積、人口共に47都道府県で42位ということらしいわね。焼き物で有名な有田町や伊万里市。嬉野温泉などがあるわね。

おー、楽しみだなー!どんなグルメが待っているんだ?

あんた、食べ物にしか興味ないのね・・・

吉野ヶ里遺跡

f:id:hanautakoujisp:20180606230744j:plain

f:id:hanautakoujisp:20180605234027j:plain

まず、最初の町は吉野ヶ里町よ。ここの町は”吉野ヶ里遺跡”っていう遺跡で有名なの。吉野ヶ里遺跡は、約50ヘクタールにわたって残る弥生時代の大規模な環濠集落として知られているのよ。

ふえー・・・弥生時代っていつ頃の時代だ?

だいたい紀元前10世紀から紀元後3世紀中ごろまでの事をいうのよ。分かりやすく言うと1700年から3000年前の時代ね。

ふえー、3000年前だって?えーと、お父さんのお父さん、そのお父さんのお父さん。さらにそのお父さんのお父さんで・・・

日が暮れるわよ。それとそういう時は普通、”お父さん”じゃなくて”おじいちゃん”を使うのね。

とにかくずっとずーと大昔ってことだな。そんな大昔の生活のあとが残ってるって、なんだか不思議だなあ。

現在は国営吉野ケ里歴史公園となってにぎわっているのよ!

歴史身近に感じることができる公園かあ。なんだかロマンチックだなあ。

なんだかあんたに似合わない言葉ねえ。

それじゃあ次に進むわよ。次のポイントは・・・ジャン!!

 日本最大の干潟 有明海

f:id:hanautakoujisp:20180606233739p:plain

有明海は九州最大の湾で、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県にまたがっているの。日本の干潟の4割に相当する日本最大の干潟なのよ。それに2015年4月22日に佐賀市の”東よか干潟”と鹿島市の”肥前鹿島干潟”の湿地がラムサール条約に登録されたの。

やっぱ自然は守っていかなくっちゃね!で、干潟ってなんだ?

干潟っていうのはね・・・あんたには説明するより写真見せた方が早いわね。

f:id:hanautakoujisp:20180607001140j:plain

分かるかしら?全部砂や泥でできた低湿地なのよ。

うわー、広いなー!

f:id:hanautakoujisp:20180607001737j:plain

うお!なんだ-、この生き物は??

この生き物が有名なムツゴロウよ!日本では有明海と八代海にしか生息していないのよ。名前くらい聞いたことあるでしょ?

ムツゴロウ王国・・・

それ、まったく別物だから・・・

f:id:hanautakoujisp:20180616074827p:plain

今回のお土産 

佐賀にしき


村岡屋 さが錦(4棹入)-小豆2・栗2 佐賀銘菓【モンドセレクション4年連続金賞受賞】佐賀錦【佐賀土産】I70Z02【常温】

伝統織物「佐賀錦」を表現した伝統菓子で、4年連続でモンドセレクション最高金賞受賞してるのよ。テレビでも紹介されるほどおいしいって評判なのよ。

「浮島」と呼ばれる柔らかい生地に山芋を練りこみ、ふんわりと焼き上げたものをバームクーヘンで挟んだ村岡屋を代表する菓子よ!

上品だなー。小豆の他に栗もあるのかー!両方食べたいなー!!

小城羊羹


村岡屋 昔風味の小城羊羹 2本(本煉・抹茶)【佐賀土産】I70Z18【常温】

練り上げた生地を木箱に移して固め、一本ずつ寸法に合わせて包丁で切り分ける「切り羊羹」という伝統製法で作られているの。

ありゃ?なんか普通の羊羹と違うぞ!!

さすがモグ!食べ物の事には敏感ね。この製法で作られた羊羹は、乾燥した表面に砂糖の砂ができるため、シャリシャリとした歯ごたえがありながら、内部はしっかりとした口当たりが楽しめるそうよ。

うわー、贅沢だなー!佐賀にしき小城羊羹両方食べたいなー!

そんなあなたには・・・


村岡屋 さが錦・昔風味の小城羊羹詰合せ佐賀錦I70Z52【常温】

じゃん!  両方セットもありますよ!

さすがリンちゃん!すごく自然な流れ!!

・・・

つづく・・・

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です